トップページ >  > 濃いシミにスポット美容液がおすすめの理由!

濃いシミにスポット美容液がおすすめの理由!

濃いシミはメラニン色素が何層にも渡って肌細胞に入り込んでいる状態です。ですから、濃いシミを薄くするには、メラニン色素を漂白する成分が高濃度で配合されていなければいけません。ただし、メラニン色素を漂白する成分は刺激が強いものが多いため、肌に負担がかかってしまいます。


このような理由から、濃いシミをケアする場合は、その部分を集中的にケアするスポット美容液が最適となります。濃いシミ部分だけに美容液をつけるので、肌負担を最小限に抑えることが可能となります。濃いシミを何とかしたい方は、ぜひスポット美容液でケアすることを心がけてくださいね。

濃いシミをケアするスポット美容液選びのポイントは?

濃いシミを薄くするにはメラニン色素を漂白する成分が必要です。メラニン色素を漂白する成分として代表的なのがハイドロキノンです。この成分は皮膚科でも処方されるほど強力なメラニン漂白作用を持っています。ですから、必ずハイドロキノンが配合されているかを確認することが大事です。


さらに、濃いシミを薄くするために必要となってくるのが、高い浸透力です。濃いシミはメラニン色素を含んだ肌細胞が肌の奥まで重なっている状態なので、一番下の層までハイドロキノンを届ける必要があります。したがって、浸透力が高いものを選ばなければ、ハイドロキノンをしっかりと届けることができないということになります。

濃いシミをケアするスポット美容液でおすすめはこれ!

スポット美容液で私がおすすめしたいのはアンプルールの「コンセントレートHQ110」です。このコンセントレートHQ110には当然ハイドロキノンが配合されています。もちろん、浸透力を高める工夫もしてあります。


 新安定型ハイドロキノンを配合
⇒ メラニン色素を漂白するハイドロキノンを進化させた新安定型ハイドロキノンを配合しています。ハイドロキノンは熱や酸素に弱いため、保存状態が悪いと効果が薄れてしまいます。新安定型ハイドロキノンは熱や酸素に強いので、肌につけるまで、高い効果をキープすることができます。
 マイクロカプセル化を導入
⇒ ハイドロキノンは浸透力が高くないため、そのままの状態では肌の奥のメラニン色素を漂白することはできません。それを克服するためにマイクロカプセル化を導入し、肌の奥までしっかりとハイドロキノンを届けられるように工夫されています。


新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化した美容液は
アンプルール「コンセントレートHQ110」だけ!
お得なトライアルセットあり! まずは肌に合うかどうか確認してみましょう!