トップページ > シミ予防(隠れシミ) > シミ予防(隠れシミ)に最適なシミ化粧品選び

シミ予防(隠れシミ)に最適なシミ化粧品選び

シミを新たに作らせないためには?

まだ表面には現われていないけれど、肌の奥に眠っているシミ予備軍。これらが目を覚ます前に対策することで、新たにシミを作らせないことが可能となります。ここで必要となってくるのがシミの原因であるメラニンの生成を抑えることです。これ以上メラニンを増やさなければシミになるのを防ぐことができます。


■メラニンの生成を抑えてくれる成分は?
【アルブチン】
⇒ シミ・そばかす・色素沈着などあらゆるものの原因となっているメラニンの生成を抑えてくれる美白成分です。


■ハイドロキノンで良いのでは?
【肌への負担がポイント】
⇒ ハイドロキノンはシミに対して強力な効果が期待できる反面、肌への負担が強い成分です。シミ予防(隠れシミ)で使うのはできれば避けたいところ。アルブチンなら低刺激なので、シミ予防に最適です。


ハイドロキノンは皮膚科でも処方されるほど、強力な成分です。肌への負担もさることながら、金銭面でも高額になりがち。ハイドロキノン配合の化粧品が高額なのはこのような理由があるからです。シミ予防(隠れシミ)に対して使う用途なら、ハイドロキノンでなくても十分。低価格のものを選ぶのがおすすめです。