トップページ >  > 老人性色素斑とはどんなもの?

老人性色素斑とはどんなもの?

老人性色素斑は長年にわたって紫外線を浴び続けた結果、肌の奥にメラニン色素が蓄積されて、それが肌の表面に現われたシミのことをいいます。通常はターンオーバーによって、メラニン色素は外に排出されるわけですが、加齢によってターンオーバーが遅れることで、メラニン色素が蓄積されるためにできてしまいます。


なので、老人性色素斑は年齢を重ねるたびに目立ってくるわけですが、日頃から紫外線対策をしたり、美白化粧品でメラニンの生成を抑えることで、その発生を遅らせることが可能です。若いうちからしっかりと、美白ケアすることが、老人性色素斑を防ぐためには重要なんですね。

老人性色素斑を改善する方法はあるの?

老人性色素斑を改善するためには、肌に蓄積されたメラニン色素を漂白する必要があります。メラニン色素を漂白する方法としてはレーザー治療シミ化粧品でのケアの2つがあります。


どちらの方法でも、メラニン色素を漂白することはできますが、それぞれの方法でメリット・デメリットがあります。なので、メリットとデメリットを理解した上でどちらの方法が相応しいか検討する必要があります。治療期間や費用が大きく異なるので、ご自分の都合や悩みの度合いによって選ぶのがおすすめです。

老人性色素斑はレーザー治療とシミ化粧品のメリットデメリットは?

レーザー治療のメリットとデメリット
■メリット
・濃いシミでもきれいに消える(肌の奥にあるメラニン色素も漂白できる)
・即効性がある(一度の照射でメラニンを漂白できる)

■デメリット
・費用が高い(1箇所につき数千円~数万円「大きさによる」)
・施術技術が皮膚科によって違う(上手な皮膚科でないと上手く消えないことも・・・)
・施術後に数週間は紫外線を浴びることができない


シミ化粧品のメリットとデメリット
■メリット
・費用はさほど高くない(ただし選ぶ化粧品によって価格差あり)
・手軽にケアできる(毎日のスキンケアをシミ化粧品に変えるだけ)

■デメリット
・時間がかかる(肌の奥のメラニン色素まで一気に漂白できない)
・化粧品選びで失敗すると効果がない(メラニン色素を漂白する成分が配合されていないと意味がない)

メラニン色素を漂白する成分配合の化粧品をチェック 紫外線によるシミに効く化粧品ランキングはこちら