トップページ >  美白成分で選ぶ >  プラセンタ

プラセンタ配合の美白化粧品はシミに対してどんなはたらきがあるの?

プラセンタは美容成分として様々なはたらきを持ち合わせた成分ですが、美白効果としてはメラニンの生成を抑えるはたらきが最も期待できる部分です。もちろん保湿効果にも優れた成分なので、しっかりと肌を保湿できるところも魅力。


さらに、シミ対策として注目したいポイントはプラセンタによるターンオーバー促進効果です。ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下したり、コラーゲンが減少してしまいます。そうすると、紫外線の影響を受けやすくなりシミができやすくなります。なので、ターンオーバーの乱れを正すことはシミ対策では欠かせないのです。

その美白化粧品に配合されているプラセンタはどっちのプラセンタ?

プラセンタには動物由来と植物由来がある!

プラセンタには実は動物由来と植物由来があります。化粧品に配合されている場合、どちらのプラセンタであるかはっきりと明記されていないことが多いです。でも、動物由来と植物由来には大きな違いがあるので、どちらが配合されているかは凄く重要なんです。では、まずその違いについて比較した上で、どちらのプラセンタが良いのか見ていきましょう!

動物由来プラセンタ
  • 特徴

    馬や豚などの胎盤から抽出したエキス。細胞分裂を活性化させる成長因子が含まれているので、ターンオーバーの促進に効果的。

  • 効果

    美白効果(メラニンの生成を抑える):○
    保湿効果:○
    ターンオーバー促進(成長因子):○
    エイジングケア:○

  • 浸透

    とても分子が小さく浸透しやすい。動物性なので肌への馴染みがすごく良い。

  • まとめ

    動物由来のプラセンタの魅力は何といっても、成長因子が含まれているということ。肌の活性化にはとても魅力的な成分です。

植物由来プラセンタ
  • 特徴

    大豆・ライ麦・トウモロコシなどの植物の胎座から抽出したエキス。成長因子は含まれていないので、ターンオーバー促進効果は低い。

  • 効果

    美白効果(メラニンの生成を抑える):○
    保湿効果:○
    ターンオーバー促進(成長因子):×
    エイジングケア:△

  • 浸透

    動物性に比べて分子が大きく浸透力はやや劣る。肌への馴染みも動物性よりは劣る。

  • まとめ

    植物由来プラセンタは安全性という面で選ばれる場合が多いですが、今では動物由来の安全性も高いので、やや微妙な立ち位置。

選ぶなら断然に動物由来プラセンタ!

プラセンタには動物由来と植物由来がありますが、おすすめなのは動物由来が配合された化粧品です。成長因子が含まれている動物由来は肌細胞の活性化に欠かせない成分。特にターンオーバー促進は肌トラブル解決にとって最も効果的なので、動物由来プラセンタを選ぶべきです!


動物性プラセンタが配合されているおすすめの化粧品はアンプルール!

シミの種類で選ぶ美白化粧品特集!

シミ・そばかす向けのシミ対策化粧品

紫外線によるシミ(老人性色素斑)やそばかすでお悩みの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
肝斑向けのシミ対策化粧品

ホルモンバランスの乱れによってできた肝斑でお悩みの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
ニキビ跡の色素沈着向けのシミ対策化粧品

ニキビが悪化してニキビ跡の色素沈着として残った方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
シミ予防(隠れシミ)向けのシミ対策化粧品

シミを予防したい方や隠れシミができているのではないかと不安をお持ちの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら