トップページ >  美白成分で選ぶ >  ハイドロキノン

ハイドロキノン配合の化粧品はドクターズコスメがおすすめ!

ハイドロキノンはもともと医薬品に配合されていた成分でしたが、最近になって化粧品にも配合されるようになってきました。すでにできてしまったシミを薄くする【すでにあるメラニンの色を薄くする】還元作用のある成分です。


ハイドロキノンは高い効果が期待できますが肌への刺激が強い成分なので、副作用が心配という声も少なくありません。なので、ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶなら皮膚科専門医や医学博士などの専門家が開発に関わっているドクターズコスメを選ぶのがおすすめです。ハイドロキノン配合のドクターズコスメとしては「アンプルール」と「ビーグレン」があります。

人気のハイドロキノン配合化粧品を徹底比較!

アンプルール
  • 配合アイテム

    化粧水:新安定型ハイドロキノン配合
    美容液:新安定型ハイドロキノン配合
    クリーム:新安定型ハイドロキノン配合

  • 特徴

    新安定型ハイドロキノンを配合しているので、光・熱・酸素に対して強く、通常の化粧品と同じように扱うことができます。

  • 浸透

    マイクロカプセル処方を採用しているので、新安定型ハイドロキノンをメラノサイトに直接送り届けることができます。ハイドロキノンが肌に直接触れることが少ないので、肌への刺激も少なくて済みます。

  • まとめ

    化粧水・美容液・クリームの全てに新安定型ハイドロキノンが配合されているので、ラインでしっかりとシミをケアすることができます。新安定型なので、成分が安定していて本来の実力を発揮できるところがポイントです。

ビーグレン
  • 配合アイテム

    化粧水:なし
    美容液:なし
    クリーム:ハイドロキノン配合

  • 特徴

    普通のハイドロキノンを配合しているので、光・熱・酸素に対して不安定です。なので、冷蔵庫での保管が無難です。

  • 浸透

    ビーグレン独自の浸透テクノロジー(世界特許取得)をハイドロキノンに施しているので、高濃度な状態でハイドロキノンをメラノサイトまで送り届けることができます。肌への刺激も抑えられています。

  • まとめ

    ハイドロキノンが配合されているのはクリームだけで、化粧水・美容液には配合されていないので、ラインでのケアはできません。従来のハイドロキノンが配合されていて不安定なので、保管には十分に気をつけたいところ。

ハイドロキノン配合でおすすめはアンプルール!

アンプルールとビーグレンを比較してみましたが、おすすめはズバリ「アンプルール」です。アンプルールをおすすめしたい理由となった決め手は2つあります。

 新安定型ハイドロキノンを配合していること
 化粧水・美容液・クリームの各アイテムに配合されていること


ハイドロキノンは不安定な成分なので、化粧品に配合されると、本来の力を十分に発揮できません。しかし、新安定型ハイドロキノンはハイドロキノンの持つ力を十分に発揮することができるので、より高い効果が期待できます。この新安定型ハイドロキノンを化粧水・美容液・クリームの各アイテムに配合しているアンプルールは、シミ化粧品として最もすすめできる優れた化粧品です。


ライン全てに新安定型ハイドロキノンが配合されているのはアンプルールだけ!

シミの種類で選ぶ美白化粧品特集!

シミ・そばかす向けのシミ対策化粧品

紫外線によるシミ(老人性色素斑)やそばかすでお悩みの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
肝斑向けのシミ対策化粧品

ホルモンバランスの乱れによってできた肝斑でお悩みの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
ニキビ跡の色素沈着向けのシミ対策化粧品

ニキビが悪化してニキビ跡の色素沈着として残った方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
シミ予防(隠れシミ)向けのシミ対策化粧品

シミを予防したい方や隠れシミができているのではないかと不安をお持ちの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら