トップページ >  > 日焼け後の美白ケアのポイントはここ!

日焼け後の美白ケアのポイントはここ!

日焼け後の美白ケアで解決したい問題は2つ、将来シミならないようにすること、日焼けした肌を白くすることがあります。なので、この2つをケアできる化粧品でしっかりとケアする必要があります。


10代の頃は代謝がよいので、肌の再生力が高く、メラニン色素が肌に蓄積される心配はありませんでした。しかし、20代以降になってくると、肌の際勢力が衰えてくるので、メラニン色素が肌に蓄積されるようになります。もし、20代以降の方で日焼けをしてしまったときは、美白ケアを心がけるようにしましょう。

日焼け後の美白ケアに欠かせない化粧品とは?

日焼け後の美白ケアで絶対に欠かせないのが、将来のシミを防ぐということ。そのためにはメラニンの生成を抑えてメラニン色素が蓄積されないようにする必要があります。メラニンの生成を抑えてくれる美白成分として有名なのがアルブチンです。


そして、もうひとつ日焼け後の美白ケアで欠かせないのが、日焼けした肌を白くすること。それにはターンオーバーを促進させてメラニン色素を排出する必要があります。ターンオーバーを促進させる美白成分としてはビタミンC誘導体が有名です。


つまり、日焼け後の美白ケアにおすすめの化粧品は、アルブチンとビタミンC誘導体が配合された化粧品ということになります。ただ単に、美白化粧品でケアすればよいのではなく、これらの成分が配合されているものでケアすることが、日焼け後の美白ケアでは重要なんですね。

日焼け後の美白ケアにおすすめの化粧品はこれ!

日焼け後の美白ケアにおすすめの化粧品はアンプルールの薬用美白美容液「薬用アクティブフォーミュラ」です。この薬用アクティブフォーミュラには当然アルブチンとビタミンC誘導体が配合されています。しかし、私がおすすめする理由は、ただ単にこれらの成分が配合されているからではありません。


 α-アルブチンを配合
⇒ アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンがあります。一般的な化粧品に配合されているのはβ-アルブチンです。しかし、α-アルブチンにはβ-アルブチンの10倍もメラニン抑制効果があります。そんなα-アルブチンが配合されているのがアンプルールなのです。
 2種のビタミンC誘導体を配合
⇒ 浸透するスピードが異なる水溶性と油溶性の2種類のビタミンC誘導体が配合されています。ビタミンCが時間差で浸透するので、即効性と持続性を同時に実現してくれます。早く効いて長く効くので、ターンオーバーの促進に威力を発揮します。


α-アルブチンと2種類のビタミンC誘導体を配合した化粧品は
アンプルール「薬用アクティブフォーミュラ」だけ!
お得なトライアルセットあり! まずは肌に合うかどうか確認してみましょう!