トップページ >  美白成分で選ぶ >  アルブチン

アルブチン配合の美白化粧品はシミに対してどんなはたらきがあるの?

アルブチンは美白成分として一般的によく知られた成分です。アルブチンのはたらきとしては、メラニン生成の原因となる酵素チロシナーゼに直接作用してメラニンの生成を抑えるというものがあります。シミの原因となるメラニンを抑えることでシミを抑制するというわけです。


沁みよく成功かが期待できるアルブチンですが、実は2種類あるということをご存じでしょうか?α-アルブチンとβ-アルブチンです。多くのメーカーはただ単に「アルブチン」とだけ表記してあるので、どちらのアルブチンが配合されているのかわかりにくいです。でも、この2つのアルブチンには大きな違いがあるので、どちらが配合されているかは凄く重要です!

その美白化粧品に配合されているアルブチンはα-アルブチンとれともβ-アルブチン?

α-アルブチンとβ-アルブチンを比較してみました!

アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンの2つの種類があります。どちらの成分が化粧品に配合されているかによって効果に大きな違いがあるので、どちらが配合されているか確認することは重要です。では、どのような違いがあるのかを明らかにしていきましょう!

α-アルブチン
  • 特徴

    肌への親和性に優れているので馴染みがよい。

  • 効果

    β-アルブチンの10倍の効果

  • まとめ

    α型結合なので吸収率が良く高い効果が期待できる。

β-アルブチン
  • 特徴

    肌への親和性が低いので馴染みがあまり良くない。

  • 効果

    α-アルブチンの1/10の効果

  • まとめ

    β型結合なので吸収率が低く高い効果が望めない。

選ぶなら断然にα-アルブチン!

2種類あるアルブチンですが、美白効果にはかなりの差があります。おすすめなのは吸収率が高く高い効果が期待できるα-アルブチンです。アルブチン配合の化粧品をお探しなら、できる限りα-アルブチンが配合された化粧品を選ぶことが大事です!


α-アルブチンが配合されているおすすめの化粧品はアンプルール!

シミの種類で選ぶ美白化粧品特集!

シミ・そばかす向けのシミ対策化粧品

紫外線によるシミ(老人性色素斑)やそばかすでお悩みの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
肝斑向けのシミ対策化粧品

ホルモンバランスの乱れによってできた肝斑でお悩みの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
ニキビ跡の色素沈着向けのシミ対策化粧品

ニキビが悪化してニキビ跡の色素沈着として残った方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら
シミ予防(隠れシミ)向けのシミ対策化粧品

シミを予防したい方や隠れシミができているのではないかと不安をお持ちの方におすすめの美白化粧品を特集しています。

特集ページはこちら